寝装提案 たばたや

打ち直し・手作り綿ふとん・羽毛リフォーム・貸し布団・丸洗い・西川製品・ギフトなど、寝具のことなら何でも、たばたやにお任せ下さい! 鳩ヶ谷市・川口市は集配無料です。心を込めてお仕立ていたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古い布団の側生地は、、、

JUGEMテーマ:ふとん 

みなさん こんにちは♪(^^)

いつもたばたやのホームページやブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今回は、古い布団の側生地についてのご説明です。

打ち直しの工程については、こちらをご覧下さい。

当店では、
基本的には、古い布団の側は破棄いたします。(棄てちゃいます。)
ただし、お客様の中には、「キレイな生地だから取り外して返して欲しいのよ~♪」・・・
・・・と言うお客様もいらっしゃいます。

そんな時は、できれば、お客様がご自分で取り外していただけるようにお願いしております。

でも、やはりそうは言っても、家の中がホコリだらけになっちゃうし、、、

家の中ではそんなスペースは無いし、、、

などなど、、、お困りの場合には、私が代行して側をお外しします。
(お気軽にお申し付けください。)

・・・

しかし、
※生地が破ける場合もあること。
※また、中綿はキレイには取り除ききれないこと。
・・・などなど、お客様のには予めご了承願います。


ですので、今回は、お客様が自分で古い側生地をはずせる様に
私がいつもやっている【側ハギの工程】をご紹介したいと思います。

・・・(^o^)丿

      では、古い布団の側を    ・・・    下の画像の様に側生地を剥いでみます。
側ハギ  側ハギ

① : まず、布団にはとじ糸が付いていますので、
    (四隅や中央など、掛け布団にも敷き布団にもたくさんついてます。) ;^_^A フキフキ
     ↓  ↓
とじ糸  とじ糸

とじ糸

② : このとじ糸を全て切り取っていきます。
    (角は生地が切れる可能性がありますので御注意ください。)
                                       
とじ糸  とじ糸

こんな感じ
 ↓

側ハギ糸くず

③ : 全てのとじ糸を切り取ったら、
    掛け布団の場合は布団を裏返して中央の手縫いの箇所の糸を切って縫い目を開きます。
    ↓  ↓ (掛け布団の裏側)
側ハギ 

敷き布団の場合は、布団のどちらかの脇に手縫いの箇所があります。
(ミシン目より少々粗いので良くご覧下さい。中には、ミシン目のないものもございます。
そんな時は、細かいミシン目を気をつけながら切るしかありませんので注意しながら切って下さい。)
  ↓  ↓
側ハギ敷き  側ハギ敷き

④ : あとは中から少しずつ中綿を取り出すだけです。
    生地に負荷がかかり破れる場合もあります。気をつけて行って下さい。
    ↓  ↓
側ハギ  側ハギ

側ハギ  側ハギ

全て取り外せたら、
  ↓  ↓
側ハギ  側ハギ

⑤ : 綿は、ひもで縛って下さい。(2箇所) 持ち運びやすくなります。(*^▽^)d゛☆
    そして、集配の担当者にお渡しください。(^o^)丿
    ↓  ↓
側ハギ

これで、完了です。

側ハギ
キレイに側が取れました。。。

取り外した生地は、自由ご利用ください。(^o^)丿

以上で取り外しは完了です。(^ー^)V ブイ



ただし、側生地を棄てちゃって良い場合には、、、

 ↓   ↓

生地が古く破れたり、染み付いたりしていて、破棄しちゃっても良い場合などは、
ビリビリに剥いじゃってもOK!ですよね。。。そしてご自分で棄ててください。 (^o^)丿


ただ、
どちらにしても、古い側生地は剥いでおいてくれるととても助かります。。(*^▽^)d゛☆



そして、できるだけ、
側生地の取り外しにご協力ください。(^^)

できれば側生地を剥いでいただきたい理由
   ↓  ↓
※当社では、効率よく作業を進めるため、通常ではどんどん側生地を破りながら剥いでおります。
※当社では、基本的には、お預かりした古い布団の側生地を取り外した後は、即 処分します。
※側生地もたくさんたまると、当社の廃棄物として有料にて処分しております。
※お客様がご自宅で棄てていただければ一般ゴミで棄てられます。
※打ち直しの金額をできるだけお安く維持するためにもぜひ御協力ください。
※側生地の取り外しや、返却の手間が省けます。
※繁忙j期には、側生地を剥ぐ作業が省略できると、次の作業にスムーズに移行できます。
※配達や集荷の効率アップにつながります。
※【間違って棄てちゃった!】・・・ ・・・ などの、トラブル防止にもなります。

・・・

ですので、打ち直しのご注文の際には、
古い側生地は剥いでおいてくれるととても助かります。。(*^▽^)d゛☆


しかし、やはりそうは言っても、家の中がホコリだらけになっちゃうし、、、

家の中には、そんなスペースは無いし、、、

などなど、、、お困りの場合には、御心配なく。。。私が代行して側をお外しします。
お気軽にお申し付けください。(^o^)丿


備考)
※はさみの誤使用には十分にご注意ください。
※このサイトをご覧になっての生地や糸の裁断や、寝具関係によるミスや怪我・病気・破損やトラブル等については当社は一切の責任を負いません。
※ご自分の責任において気をつけて行ってください。
※また、ホコリだらけになりますので、野外(庭など)で行うか、
屋内の場合には、新聞紙を敷いたり、窓を空けるなど、ホコリ対策を行って下さい。
※また、その他のホコリ対策として、マスクやホコリ除けのめがねをするなどお身体にも十分御注意して行ってください。
関連記事
  1. 2012/06/03(日) 18:57:10|
  2. 打ち直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<羽毛布団のリフォーム | ホーム | 打ち直しの布団を集荷してきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hutontabataya.blog89.fc2.com/tb.php/326-509676eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。